原材料の種類で良いペットフードを選ぶ

それぞれのペットフードにおいては原材料がそれぞれの商品で異なります。原材料に穀物が含まれるものはなるべく避けるようにすることで良いペットフードを選択することができるでしょう。穀物は犬に負担を与えます。何故なら犬は穀物の消化が苦手だとされているからです。穀物を消化する時に犬の腸など、内蔵に大きな負担をかけることになります。これによって胃腸障害やアレルギーを引き起こす可能性があります。ペットフードの中には穀物不使用と書かれているものがあります。そのような商品を選ぶことが良いペットフード選びとなるのではないでしょうか。

現在では高タンパク質という文言をパッケージに記載しているペットフードがあります。高タンパク質のペットフードはタンパク質が他のペットフードよりも多く含まれています。タンパク質は犬にとってとしても重要な栄養素の一つになります。タンパク質は良質な筋肉を作ってくれるため関節をサポートしたりすることも可能です。

しかし、高タンパク質のペットフードの中にはメインに乳製品が使われているものがあります。乳製品を多く摂るとアレルギーの原因になる恐れがありますから、高タンパク質のものを選択する時は肉メインのペットフードを選択しましょう。

ドライフードかウェットフードかの選択

日本で販売されているペットフードにはドライフードとウェットフードがあります。ではドライフードとウェットフードはどちらが良いペットフードなのでしょうか。ご存知の人なら、当然ドライフードと答えるでしょう。ドライフードは文字の通り乾燥させてあるペットフードになります。多くの方はドライフードを犬に与えているのではないでしょうか。

ウェットフードが好ましくない理由の一つに腐りやすさがあります。当然ドライフードに比べて水分量が多いため水分量が多い分腐りやすいということになるでしょう。そのため多くのウェットフードにおいては腐る時間を長くするために防腐剤などが使用されています。防腐剤は当然添加物になるため犬の内蔵に負担をかけてアレルギーの原因になる可能性もあります。

また、防腐剤だけでなく保存料が含まれるタイプのウェットフードも存在しています。ウェットフードをメインにして犬に与えているご家庭はドライフードに変更して無添加のペットフードを与えるように心がけましょう。また、ドライフードのパッケージに記載されている原材料を見ると水分量が書かれているものがあります。ドライフードの中でもできるだけ少ない水分量のものを選択されてみてはいかがでしょうか。

原材料を確認する

良いペットフードを選択するためには原材料の確認が必要です。原材料は基本的にペットフードのパッケージに記載されています。飼い主さんで原材料を確認せずに、ペットフードをパッケージのデザインの良さや安さなどで選ぶ方も少なくないでしょう。確かにデザインが良いパッケージは目に入りやすいため手に取ってしまう可能性があります。また、毎日食事を与えなければならないためなるべく家計に負担が少ない安いものを選択する気持ちも理解することができます。しかし、値段やデザインだけで選択すれば良いペットフードを選ぶことは難しくなる可能性があります。

現在では粗悪なペットフードは少なくなっていますが昔は原材料が4Dのものが存在していました。4Dとは簡単に説明すると人間が絶対に口にしない原材料のことになります。4Dが含まれるペットフードを与えると犬の寿命は当然短くなり十分な栄養を食事から与えてやることは難しくなります。

このような理由からこれからペットフードを購入する時は原材料を確認してみてはいかがでしょうか。原材料に保存料や着色料が含まれるペットフードはなるべく避けて犬が健康的に暮らしていくことができる良いペットフードを選択しましょう。

良いペットフードはアレルギー対応のもの!?

アレルギーに悩まれている飼い主の方も少なくないでしょう。人間にもアレルギーがあるように犬にもアレルギーがあり、かかる子も少なくありません。犬がアレルギーにかかると人間でも理解できる症状が表に現れます。症状は軽度と重度で大別することができます。軽度のアレルギー症状として挙げられるのが身体をかゆがる症状やフケが出る症状です。犬がかゆがる時は後ろ足で首当たりを掻いたりします。また、耳が痒い子は首を振ったりする行動が見られます。フケはブラッシングをした時に確認できるためフケの有無の確認は容易でしょう。その他にも抜け毛があります。抜け毛が酷い時は薄毛になるだけでなくハゲになる恐れもあります。また、花粉アレルギーにかかる子もいますから花粉症が原因の時はなるべく散歩時間を花粉が飛散しない時にずらすなどの工夫が必要です。

重い症状としては下痢や嘔吐が挙げられます。このようなアレルギー症状が診られた時はすぐに獣医さんに診てもらうのが一般的です。このように様々な症状がありますがアレルギーになる原因の一つにペットフードがあります。良いペットフードを選ぶために多くの飼い主さんはアレルギー対応のものを選択しています。ペットフードによっては多くの添加物が含まれているタイプのものもあります。添加物はアレルギーの原因の一つになる可能性があるためペットフードを変更することで改善できる可能性もあります。

アレルギー対応のものを選ぶということも良いペットフードの選び方のポイントです。その他にもペットフードを選ぶポイントを紹介します。