原材料の種類で良いペットフードを選ぶ

それぞれのペットフードにおいては原材料がそれぞれの商品で異なります。原材料に穀物が含まれるものはなるべく避けるようにすることで良いペットフードを選択することができるでしょう。穀物は犬に負担を与えます。何故なら犬は穀物の消化が苦手だとされているからです。穀物を消化する時に犬の腸など、内蔵に大きな負担をかけることになります。これによって胃腸障害やアレルギーを引き起こす可能性があります。ペットフードの中には穀物不使用と書かれているものがあります。そのような商品を選ぶことが良いペットフード選びとなるのではないでしょうか。

現在では高タンパク質という文言をパッケージに記載しているペットフードがあります。高タンパク質のペットフードはタンパク質が他のペットフードよりも多く含まれています。タンパク質は犬にとってとしても重要な栄養素の一つになります。タンパク質は良質な筋肉を作ってくれるため関節をサポートしたりすることも可能です。

しかし、高タンパク質のペットフードの中にはメインに乳製品が使われているものがあります。乳製品を多く摂るとアレルギーの原因になる恐れがありますから、高タンパク質のものを選択する時は肉メインのペットフードを選択しましょう。